スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top

卓球
体育と言えば、日本はすもうのように、中国は卓球です。卓球は中国の国技とはいえます。今日は卓球と中国人をテーマとして発表したいと思います。きっかけは先日父と電話した時、今中国でも日本でも人気な天才卓球少女福原愛のことを話したのです。日本にも中国からきたの卓球コーチがいらっしゃいますが、なぜわざわざ少女一人で異国へ卓球の技ありを鍛えたいたろうかの話をすると、「本人が中国で中国こその卓球環境があるのだって」と、父が教えれくれました。
そう言えば確かにそうです。ちょっと自慢ですが中国は世界一番の卓球強国と言われています。世界級卓球試合に数え切れないメダルをもらった歴史を持っているだけではなくて、卓球はもう中国人の生活に離れられない一部分として重要な存在であるということです。つまり、日本人はすもうが愛しているように、中国人は卓球に深い愛を込めています。
中国人は卓球が愛している原因ははっきり言えないですので、私はちょっと調査してみようと思いました。実は父も日本語で言えば卓球オタクですから、父と父の卓球友に「なぜプロではなくても、別にお金とかももらえなくてもそんなに卓球に熱心ですか」と聞くと、いろいろな答えが出てきました。まず卓球はサッカー、野球のように広い競技場が必要ではなく、そして二人がいるならすぐ試合が始まれるので、何人を集めなければならないこともありません。体力があまり強くないひとも、背が高くないひとも、年寄りの方も、6歳未満の子供も、みんな参加ですます。あとは器材にの要求が高くない、ラケットなども安い値段で買えるでです(もちろん高いものもあるですけど)。思い出せるのは小学生の時、学校の体育条件が今よりずっと粗末でしたが、卓球台がどの学校にもきっとある定番のような存在です。もちろんそれは標準的な台ではなくて、ただ煉瓦とセメントで築ったものですが、みんな一緒にそこで卓球をするのは何より楽しかったそうです。学校だけではなくて、会社にも役所にもきっと卓球をして休憩時間を楽しむ人たちの姿が見えていました。その煉瓦台は今の時代に多分も文物になったかもしれないですが、中国人が昔、貧乏な環境の中にも卓球をして生活の楽しみを探していた楽観精神の証拠であります。
でも中国人が卓球が愛しているもっと重要な原因は多分以上に述べる原因以上、微妙な卓球に対しての親切感のような感情ではないでしょうか。卓球は中国社会が長年歴史的に育んできた気質にびったりだと思います。卓球に特別な感情は言葉でうまく言えないのですけど、確かに中国人がそのような気持ちを抱いて、長年続いてそのスポーツをやっています。というわけて、中国に卓球人口がとても多くて、卓球理論の研究も進んだので、卓球界に圧倒的な強さと言われています。
今の中国でも、卓球という絆で、さまざまな人が繋がられています。たとえば父と同じ卓球大好きな同士と一緒に卓球クラブを作りました。ピンポンとにぎわっている日々を過ごしています。愛ちゃんのような外国の方のどんどん中国に行って、技術を交流しながら、国と国の友情もいっそう厚くなっています。ちなみに実は父も愛ちゃんのファンとして、彼女を応援しているようです。
世界中卓球が好きな人たちいつも卓球をしていて、喜びいっぱいな生活をしている、私はそう望んでいます。
以上で終わります。ご静聴ありがとうございました。
スポンサーサイト
【2005/11/16】  この記事のURL | 花の言葉 | CM(0) | ▲ top
<<祝!瑛ちゃん声優初挑戦! | メイン | 口水>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。